公開日: |最終更新日時:

たるみ治療に必要な資格

医師の資格は2種類

たるみ治療の場合、学会などに所属して得た形成外科専門医などの資格と、サーマクールやハイフなどのメーカーの訓練を受けて得た認定医の資格の2種類があり、出来ればどちらも所持していることが望ましいでしょう。その他、製品によってメーカー純正製品を使っているクリニックにはマークが与えられていますのでので、クリニックを選ぶ際のチェックポイントとなります。

たるみ治療に関する学会資格

美容外科学会(JSAPS)専門医

日本美容外科学会(JSAPS=Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery)は、昭和52年に発足した、日本整容形成外科研究会を母体としたもの。形成外科では、少なくとも5年間は、日本形成外科学会が認める医療研修施設において形成外科に関わる研修を義務づけ、所定の専門医認定試験に合格した人が形成外科専門医となります。日本美容外科学会(JSAPS)は、原則として日本形成外科学会の専門医を持つ医師で構成されています。

美容外科学会(JSAS)専門医

日本美容外科学会(JAPAN SOCIETY OF AESTHETIC SURGERY)は、美容外科に関する研究並びに科学的知識および技術の普及発達と、美容外科の学術上の地位の確立を図ります。美容外科専門医は、認定後も最新の知識と技術を学び続けることが義務づけられていて、5年毎に資格を更新する必要があります。

日本皮膚科学会専門医

皮膚科の中でさらに高い専門性を考える上で、皮膚病理学を極めたり、皮膚外科を極めたりと、幅広い分野があります。自分の個性を生かして、得意な分野をさらに伸ばして行くことが可能です。医学部卒業後2年間は、初期研修に伴うスーパーローテートが義務づけられました。

日本皮膚科学会美容皮膚科・レーザー指導専門医制度

日本皮膚科学会認定指導専門医制度規則に基づき、美容皮膚科・レーザー治療に関する優れた診療技術と知識を持つ医師を育成し、これによって美容・レーザーの診療水準を向上させるとともに、国民の医療と福祉に貢献することを目的としています。美容皮膚科・レーザー療法診療の臨床経験を積み、所定の申請資格要件を満たし、美容皮膚科・レーザー指導専門医認定試験に合格した人を美容皮膚科・レーザー指導専門医とします。

日本レーザー医学会レーザー専門医

特定非営利活動法人日本レーザー医学会は、より精度の高いしかも安全なレーザー医療の国民への提供を目的として、学会員に対する教育・知識の普及に努めいます。医療事故の発生と再発に細心の注意を払い、医療事故を未然に防ぐのはもちろん、安全なレーザー医療を提供するために、レーザー専門医制度ができました。

たるみ治療で使用されるメーカーの認定資格

ウルセラ認定医

ウルセラの施術を担当するクリニックの医師は、ほぼウルセラ認定医の資格を取得しています。ウルセラ認定医は、ウルセラの機器を導入する際に派遣されるトレーナーの指導を受けると自動的に発行され、効果や技術を保証するものではありません。ウルセラ認定資格はナース向けのものもありますが、そもそもナースによる施術を推奨していないクリニックも多く存在します。

サーマクール認定医

サーマクール認定の取得のためには、メーカーが定める一定の研修を受ける必要がありますが、形成外科専門医・皮膚科専門医のように、一定期間の指導者のもとでの研修と症例の報告、試験に合格した上で取得する資格とは大きく異なります。専門医の取得は非常にハードルが高いため、各機器メーカーに医療の質を担保できるように研修をしてもらい、正しい治療技術を取得するための制度の一つがサーマクール認定なのです。

関連ページ

福岡市・博多でたるみ治療を行う美容クリニックガイド「Tarumiless」

たるみ治療の美容皮膚科の選び方
たるみ治療のカウンセリング前に準備したいことは?
   

結果重視のたるみ治療を行う
福岡市・博多のクリニック4選

     

たるみの原因“緩んだSMAS層”にはたらく治療が豊富で、高度な手術経験を持つ形成外科医の院長が執刀してくれる福岡市のクリニックをピックアップ。
比較的手軽に始められる切らないたるみ治療「ハイフ(Hifu)」の全顔費用で比較しました。

東郷美容形成外科 福岡

ハイソニック1回98,000

公式HPで
たるみ治療を詳しく

公式HPへ

飯尾形成外科
クリニック

ウルトラセルQ+1回150,000

公式HPで
たるみ治療を詳しく

公式HPへ

ビスポーク
クリニック

ウルトラセル1回150,000

公式HPで
たるみ治療を詳しく

公式HPへ

あやべ
クリニック

ウルトラフォーマー31回200,000

公式HPで
キャンペーンをチェック

公式HPへ

※1「SMAS層にはたらく治療が豊富」…ハイフ・スレッドリフト・フェイスリフト、この3つの治療が揃っている
※2「形成外科のキャリア」…形成外科医としての勤務経験がある
※3ハイソニック・ウルトラセルQ+・ウルトラセル・ウルトラフォーマー3は、日本未承認機器です
※4お問い合わせはこちら:東郷美容形成外科 福岡(0120-15-0507)、飯尾形成外科クリニック(0120-611-039)、
ビスポーククリニック(0120-394-412)、あやべクリニック(0120-072-557)