福岡市・博多でたるみ治療を行う美容クリニックガイド「Tarumiless」 > 顔はなぜたるむのか?たるみの原因と対処法を紹介

公開日:|最終更新日時:

顔はなぜたるむのか?たるみの原因と対処法を紹介

美容に気をつけている女性であれば誰もが一度が悩むのが、顔のたるみです。ここでは、顔の肌がどうしてたるんでしまうのかという原因と、どうすればたるみを予防でにるのかという対処法について紹介します。

肌弾力の低下

顔の肌がたるむ大きな原因が、肌弾力の低下です。たとえば肌が紫外線にさらされると、肌に含まれるコラーゲンやエラスチンといった美容成分が破壊されてしまいます。コラーゲンやエラスチンは肌のハリを保つ上で必要不可欠な成分であるため、これらが失われると肌がたるんでしまう原因になります。

紫外線の他に、乾燥も肌の天敵です。空気の乾燥は肌の角質が生まれ変わるターンオーバーの周期を乱してしまうため、肌がたるむ原因となります。

紫外線から肌を守るためには、ビタミンCやコエンザイムQ10などの有効成分を含むクリームなどを外出時に肌に塗ることが効果的です。乾燥の予防としては、コラーゲンやエラスチンなど肌にハリを与える成分を含む保湿クリームを日頃から使うことが大切です。

代謝機能の低下

空気乾燥は肌のターンオーバーのリズムを狂わせると説明しましたが、体の代謝機能の定価も同様にターンオーバーの周期を乱す原因となります。代謝の低下は加齢によるものだけでなく、運動不足や睡眠不足、食生活の乱れなどが原因として考えられます。

この対処法としては、日頃の生活に適度な運動を取り入れること、栄養と睡眠を十分にとることが大切です。特に運動に関しては、毎日の通勤を一駅前で降りて歩くなど、生活に負担のない範囲から初めて継続することが大切です。

筋力の低下

肌のたるみ、特に顔のたるみに関しては、筋力の低下も大きな原因です。顔の土台を支える表情筋が衰えると、肌の表面も針が失われてたるんでしまいます。これは特に、一日のなかで長時間にわたってスマホやパソコンの画面を見ていて表情筋を使わない現代人が陥りがちなトラブルです。

対処法としては、道具を使わず簡単にできる顔の体操が効果的です。斜角筋や無念鎖乳突筋と呼ばれる首の筋肉を伸ばすストレッチ、目と頬の間の咬筋を刺激するマッサージなど、日頃使わない表情筋を使うことで顔のたるみをよぼうすることができます。

関連ページ

福岡市・博多でたるみ治療を行う美容クリニックガイド「Tarumiless」

  • たるみ治療の美容皮膚科の選び方
  • たるみ治療を行う福岡市・博多周辺の美容クリニック
  • 福岡市で受けられるリフトアップ術一覧
  •    

    結果重視のたるみ治療を行う
    福岡市・博多のクリニック4選

         

    たるみの原因“緩んだSMAS層”にはたらく治療が豊富で、高度な手術経験を持つ形成外科医の院長が執刀してくれる福岡市のクリニックをピックアップ。
    比較的手軽に始められる切らないたるみ治療「ハイフ(Hifu)」の全顔費用で比較しました。

    東郷美容形成外科 福岡

    ハイソニック1回98,000

    公式HPで
    たるみ治療を詳しく

    公式HPへ

    飯尾形成外科
    クリニック

    ウルトラセルQ+1回150,000

    公式HPで
    たるみ治療を詳しく

    公式HPへ

    ビスポーク
    クリニック

    ウルトラセル1回150,000

    公式HPで
    たるみ治療を詳しく

    公式HPへ

    あやべ
    クリニック

    ウルトラフォーマー31回200,000

    公式HPで
    キャンペーンをチェック

    公式HPへ

    ※1「SMAS層にはたらく治療が豊富」…ハイフ・スレッドリフト・フェイスリフト、この3つの治療が揃っている
    ※2「形成外科のキャリア」…形成外科医としての勤務経験がある
    ※3ハイソニック・ウルトラセルQ+・ウルトラセル・ウルトラフォーマー3は、日本未承認機器です
    ※4お問い合わせはこちら:東郷美容形成外科 福岡(0120-15-0507)、飯尾形成外科クリニック(0120-611-039)、
    ビスポーククリニック(0120-394-412)、あやべクリニック(0120-072-557)